catch-img

パソコンの電源がつかない時にまず確認してほしいこと

パソコンの電源が入らない、画面に何も映らない場合に試してみていただきたい方法を紹介いたします。ドスパラに寄せられる相談の中には、故障ではないのにパソコンの電源が入らないケースが多くあります。


目次[非表示]

  1. 1.パソコンが通電しない、内部のファンも動かない場合
    1. 1.1.電源ケーブルの確認
    2. 1.2.電源スイッチの確認
    3. 1.3.放電処置
  2. 2.ランプは点灯するが画面に何も映らない
    1. 2.1. ケーブルの接続を確認する
    2. 2.2.交差テストで確認する
  3. 3.その他の症状
  4. 4.最後に

パソコンが通電しない、内部のファンも動かない場合

電源ユニットのスイッチ

電源スイッチを押してもランプが点かない、またパソコン内部のファンも一切動作しない場合はパソコンに電源が供給されていない可能性があります。


電源ケーブルの確認

デスクトップパソコンの場合は電源ケーブル、ノートパソコンの場合はACアダプターと電源ケーブル、パソコン本体とACアダプターが正しく接続をされているかご確認ください。掃除や日々の生活による振動で抜けかかっている場合があります。


電源スイッチの確認

デスクトップパソコンの場合は、パソコン裏側、電源ケーブル差込口近くにあるメインスイッチを確認してください。パソコンを移動した場合など、誤ってオフにしたまま気が付かないことがあります。「 | 」と「〇」のマークがあり、「 | 」がオンです。


放電処置

ケーブルやスイッチに問題がない場合は「放電処置」を行ってみてください。詳しいやり方は下記URLに記載しています。

パソコンで放電処置を行う方法/ドスパラ サポートFAQ


放電処置を行う理由について

パソコンには過電流・過電圧による破損を防ぐため、保護回路が搭載されています。パソコンの利用中、あるいは利用中でなくとも通電した状態で、何らかの原因で保護回路が作動した場合、電源が入らなくなります。保護回路をリセットするには、放電処置を行う必要があります。

上記を試してみても症状が改善しない場合は内部パーツの故障が考えられます。原因特定と修理作業には専門の知識が必要となります。


ランプは点灯するが画面に何も映らない

HDMI、DVI、VGA端子

デスクトップパソコンの場合、ディスプレイ(モニター)側が原因で画面が映らない場合があります。


 ケーブルの接続を確認する

・ディスプレイの電源ケーブル、ACアダプターが接続されているか確認をしてください。

・ディスプレイとパソコン本体が映像ケーブルで接続されているか確認をしてください。

どちらのケーブルも、掃除や日常生活の振動で緩んでくる場合があります。



交差テストで確認する

パソコンのほかにHDMI接続のゲーム機をお持ちの場合、交差テストができます。ディスプレイとゲーム機を接続して、映像が出るか確認をしてください。ゲーム機の映像が出力される場合、パソコン本体が故障している可能性が高いです。


その他の症状

スタートアップ修復でPCを修復できませんでした


・ランプは点灯し画面も表示されるが、WindowsやBIOSが立ち上がらない

・ランプが一瞬点いては消え、点いては消えを繰り返す


このような症状の場合はパソコン内部の不具合である可能性が高いです。原因特定には専門の知識が必要となります。電源のオンオフを短時間のうちに繰り返すようであれば、データを破損する可能性が高くなります。このような場合は電源の投入を控えて、ドスパラのパソコン修理にご相談ください。


最後に


今回はパソコンの電源が入らない時の対処法をご紹介いたしました。電源がつかない症状の原因には内部パーツの故障のものが多く、修理にはどうしてもパソコン内部に手を加える必要があります。パソコンの知識と設備が必要ですので、この記事の方法を試しても直らない時は無理をせずドスパラまでご相談ください。

パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

人気の記事

ピックアップ

パソコン修理依頼でAmazonギフトカードが貰える クーポン配布
ドスパラの自作PC組立代行サービス

記事を探す

ドスパラの修理サービス

累計20万台以上の修理実績

最短当日対応

※ 軽度な修理・店舗にパーツがある場合に限ります。(通常は7営業日ほど)

様々なメーカーPCに対応

※ WindowsPCのみの対応

データ保全を重視で安心

※ データ移行、バックアップのメニューをご用意

パソコンで困ったときには
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

故障かな?と
思った時に。

自宅でサポートが
欲しい時に。

PCパーツを
選んで作るなら。

店舗案内

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

メーカー別修理・サポート実績