※本文に記載の金額は、サービスご提供当時の価格です。現在の価格とは異なる場合がございます。
catch-img

Windowsアップデートが終わらない原因と対処法

Windowsアップデートが終わらない場合の原因や対処法、症状を発生させないための予防策などを紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.Windowsアップデートとは
  2. 2.Windowsアップデートが終わらない原因
  3. 3.Windowsアップデートが終わらない場合の対処法
    1. 3.1.周辺機器を取り外す
    2. 3.2.ネットワークの状態を確認する
    3. 3.3.強制終了する
  4. 4.症状を回避するために
    1. 4.1.アプリケーションは全て終了する
    2. 4.2.こまめにアップデートを実行する
    3. 4.3.利用パソコンが現在のOSに対応しているかを確認する
  5. 5.Windowsアップデートに関する補足
    1. 5.1.Windowsアップデートは常に完璧ではない
    2. 5.2.ノートパソコンはACアダプタを繋ぐ
  6. 6.最後に

Windowsアップデートとは

WindowsOSの利用者に対し、開発元であるMicrosoftが定期的に配信する更新プログラムです。

発見された脆弱性や、問題点を修正するプログラムが自動で適用されることで、ウイルスへの対策となったり、Windowsプログラムのトラブルを予防してくれたりします。


Windowsアップデートが終わらない原因

通常、Windowsアップデートは自動で作業を完了しますが、稀に、開始されてから長時間終わらない場合があります。

その発生原因は実に様々であり、原因を特定することは難しいのが実状です。


Windowsアップデートが終わらない場合の対処法

一度、Windowsアップデートが開始され、下記のような画面になった場合、キャンセルや途中で中断することはできません。

ネットワークの状態や更新プログラムの容量にもよりますが、1時間程度経過しても終了しない場合は、以下の方法を試してみてください。

周辺機器を取り外す

必要最小限以外の周辺機器は取り外しましょう。

  • デスクトップパソコン:電源ケーブル/モニタのみ
  • ノートパソコン:ACアダプタのみ

ネットワークの状態を確認する

Windowsアップデートはネットワークを介してプログラムが配信されるため、利用するパソコンのネットワーク状態を確認しましょう。

  • 有線LANケーブルが抜けかかっていないか。
  • Wi-Fiルーターのステータスや接続状況等は正常か。

強制終了する

周辺機器の取り外しやネットワーク環境の見直しを行っても正常に完了しない場合は、完了するまで待つしかありません。しかし、数時間経過してもパーセンテージの進行が見られない場合は、一度電源ボタンの長押しで強制終了します(時間に猶予がある場合は、丸一日ほど放置してみても問題ありません)。


症状を回避するために

ここまでの説明通り、Windowsアップデートが終わらないトラブルは、一度発生してしまうと対応策が限られる症状です。

ここからは症状を発生させないため、普段から行える予防策について解説します。

アプリケーションは全て終了する

作業を全て終了したら、起動しているアプリケーションは全て終了するようにしてください。

起動したままだとWindowsアップデートが始まった際、アプリケーションを正常に終了させることができず、Windowsアップデートが完了しないという症状を引き起こしてしまう可能性があります。

Windowsアップデートが急に始まってしまった場合に備え、こまめにアプリケーションを終了する習慣を身につけましょう。

こまめにアップデートを実行する

Windowsアップデートは定期的に自動で更新されますが、自動更新を無効にするなどして先延ばしにすることも可能です。

しかし、更新プログラムの量が大きくなるにつれ、更新が終わらない等のトラブル発生率も高くなります。

また、Windowsが最新の状態に保たれていないこと自体が不具合の原因に直結しますので、下記のような更新の通知が出たら、すぐにアップデートするようにしましょう。

更新プログラムが来た時の表示

利用パソコンが現在のOSに対応しているかを確認する

数年前より、Microsoft社は一部の構成を対象に利用OSの無償アップグレードを提供しています。現在もWindows10の利用者に対し、Windows11への無償アップグレードが展開されています。

Windows11への無償アップグレード

しかし利用するパソコンのハードスペック不足や、メーカーの動作保証外の構成などが原因で最新のWindowsにハードが対応していない場合があります。これはWindowsアップデートが失敗する原因となることがありますので、現在利用しているマシンが、搭載されているOSに対応しているか、メーカーサイトなどで確認してみてください。


Windowsアップデートに関する補足

ここからは、Windowsアップデートに関する補足を解説します。

Windowsアップデートは常に完璧ではない

極稀に、配信された更新プログラム自体に不具合が発生し、Windowsアップデートを実行したパソコンが全体的に不具合を起こす事例が報告されます。

このような場合、Microsoft社はすぐに修正プログラムを配信しますが、万が一、更新直後に何かしらの不具合が発生した場合は、インターネット上やSNSなどで同例の報告がないかを検索してみてください。

また、セキュリティ対策ソフトとの競合による不具合事例もありますので、心配な方は事前にセキュリティ対策ソフトを終了にした状態でアップデートを実行してください。

ノートパソコンはACアダプタを繋ぐ

Windowsのアップデート途中で電源を落とすと、OSやハードにダメージが当たる可能性があります。長時間更新が終わらない場合は仕方ありませんが、更新途中にバッテリ不足で強制終了とならないよう、ノートマシンに対しては、必ずACアダプタを接続した状態で実行しましょう。


最後に

今回は「Windowsアップデートが終わらない原因と対処法」についてご紹介しました。2~3度ほど再試行しても正常に終了しない場合は、ハードやプログラムに致命的な障害が発生している可能性があります。その際は是非、ドスパラまでご相談ください。

パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

カテゴリ一覧

週間記事ランキング

店舗別修理事例