catch-img

Cドライブ容量を増やすためのSSD換装!アップグレード事例紹介【大阪府大阪市】

今回は、Cドライブの容量を増やすために「SSD換装」を選択したお客様のアップグレード事例をご紹介します。


SSD換装を行うことで何が変わるのか、またCドライブの容量を増やすとどうなるのか、わかりやすく説明します。


お持ち込み理由:Cドライブの容量を増やしたい

お客様が当店にお持ち込みいただいた理由は、Cドライブの容量を増やしたいとのこと。

現在お使いのCドライブ(SSD)の容量が少なく、データの保存やプログラムのインストールに困っているご様子。


この問題の解決策として、「SSD換装」を提案。


対応:SSD換装

「SSD換装」とは、パソコンのCドライブに使われているSSD(Solid State Drive)を新たなSSDに交換することを指します。


この作業を行うことで、Cドライブの容量を増やすことが可能になります。

また、新しいSSDに交換することで、データの読み書き速度の向上も期待できます。

Cドライブ容量増加のメリット

では、Cドライブの容量を増やすと何が良いのでしょうか。

Cドライブの容量が増えると、次のようなメリットがあります。


データ保存の自由度が上がる:
ファイルやプログラムの保存場所として主に使用されるCドライブ。その容量が増えると、より多くのデータを保存することが可能になります。

  1. パフォーマンス向上:
    Cドライブが満杯に近づくと、パソコンの動作が遅くなることがあります。
    そのため、容量を増やすことで、このような問題を防ぐことができます。

  2. SSD換装のメリット
    次に、SSD換装によるメリットについて説明します。
    高速なデータ処理: 新しいSSDに換装することで、データの読み書き速度が向上し、全体的なパソコンのパフォーマンスも向上します。

  3. 耐久性の向上:
    新しいSSDは、古いSSDよりも耐久性があります。これにより、長期的に見てデータの損失リスクが低下します。

まとめ

以上が、Cドライブの容量を増やすために行ったSSD換装の事例でした。
Cドライブの容量を増やすことで、データの保存量が増え、パソコンのパフォーマンスも向上します。

さらに、SSD換装を行うことで、データの読み書き速度が向上し、パソコンの耐久性も向上します。

パソコンの容量やパフォーマンスに困っている方は、一度、SSD換装を検討してみてはいかがでしょうか。


作業料金は下記です。

診断および作業工賃
17,200円
部品代

 内訳:SSD
5,040円
合計
22,240円

※部品代は修理時のお値段になります。
※画像は別のパソコン修理イメージです。本文とは関係ありません。


ご利用いただいた店舗

大阪府大阪市にある「ドスパラ大阪・なんば店」に、デスクトップパソコンの修理を持ち込みでいただきました。


同様のパソコン不具合で、お困りの方はページ右下の赤枠で囲まれている女性オペレーターマーク(チャット窓口)にお気軽にご相談ください。
※チャット窓口が消えてしまった場合はお手数ですが、再読み込みで表示し直してください。


メール・電話・ご来店の他に訪問やリモートでのトラブル解決を承ります。



・「ドスパラ大阪・なんば店」のアクセス

公共交通機関でお越しになるお客様へ
●地下鉄日本橋駅からのアクセス方法
地下鉄日本橋駅から徒歩約8分
店舗までのルート

●南海なんば駅からのアクセス方法
南海なんば駅から徒歩約5分

お車・自転車でお越しになるお客様へ
●近隣の有料駐車場
最寄り有料パーキング徒歩1分。

※提携駐車場はございません。

●近隣駐輪場のご案内
サイクルタイムズ大阪難波
店舗まで約150m 徒歩1分
駐車可能台数:合計104台
駐輪料金:4時間100円 以降6時間ごとに100円

※提携駐輪場ではございません。

パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

人気の記事

ピックアップ

ゲーミングノートPCが当たる! 「データ復旧安心サービス」 紹介 キャンペーン
ドスパラの自作PC組立代行サービス

記事を探す

ドスパラの修理サービス

累計20万台以上の修理実績

最短当日対応

※ 軽度な修理・店舗にパーツがある場合に限ります。(通常は7営業日ほど)

様々なメーカーPCに対応

※ WindowsPCのみの対応

データ保全を重視で安心

※ データ移行、バックアップのメニューをご用意

パソコンで困ったときには
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

故障かな?と
思った時に。

自宅でサポートが
欲しい時に。

PCパーツを
選んで作るなら。

店舗案内

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

メーカー別修理・サポート実績