catch-img

デスクトップパソコン修理、Windowsアップデートしたらブルースクリーン発生

ドスパラ町田店に、デスクトップパソコンの修理を持ち込みでいただきました。

デスクトップパソコンで、Windowsアップデートを行い、再起動中にブルースクリーンが発生したとのこと。


店舗にて、ブルースクリーン発生時に作成された情報を確認できるツールにてログを確認したところ、「netoskrnl.exe(Windows NT operating system kernel)」が影響をで発生したことを確認しました。

「netoskrnl.exe」とは、ハードウェアの制御やメモリ・CPUの管理などのWindowsが機能する為に必要な、OS(Windows)の中核となるプログラムのことです。
こちらのブルースクリーンが発生する原因として以下が考えられます。

・デバイスドライバーの破損、バージョンが古い

・メモリの「RAM」、HDD/SSDの破損

・メモリの操作を行うアプリケーションの不具合

・CPUやRAMのオーバークロック、過度の発熱

・OS(Windows)システムファイルの破損

が、考えられますが、今回は更新時のドライバーが正しく適応できなかった、もしくはインストールデータが正常ではなかった可能性が高いと考えられます。

Windowsアップデートが途中の状態だった為、再度Windowsアップデートを行い、症状が現れるか検証を行いました。

検証の結果、ブルースクリーンが現れないことを確認しました。

以上のことからWindowsシステム不具合と判断し、内部清掃基本コースを行いました。

作業終了後、起動確認と動作確認を実施し、異常がないことを確認し、パソコンをご返却しました。

作業料金は下記となります。

診断および作業工賃
4,500円
部品代
追加なし
合計
4,500円


※画像は別のパソコン修理イメージです。本文とは関係ありません。


同様のパソコン不具合で、お困りの方はページ右上のオレンジ色のボタンからお気軽にご相談ください。メール・電話・ご来店の他に訪問やリモートでのトラブル解決を承ります。


  https://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-machida https://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-machida


パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

人気の記事

ピックアップ

ゲーミングノートPCが当たる! 「パソコンなんでも相談サービス」 紹介 キャンペーン
パソコン修理依頼でAmazonギフトカードが貰える クーポン配布
ドスパラの自作PC組立代行サービス

記事を探す

ドスパラの修理サービス

累計20万台以上の修理実績

最短当日対応

※ 軽度な修理・店舗にパーツがある場合に限ります。(通常は7営業日ほど)

様々なメーカーPCに対応

※ WindowsPCのみの対応

データ保全を重視で安心

※ データ移行、バックアップのメニューをご用意

パソコンで困ったときには
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

故障かな?と
思った時に。

自宅でサポートが
欲しい時に。

PCパーツを
選んで作るなら。

店舗案内

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

メーカー別修理・サポート実績