catch-img

壊れたパソコンからデータ移行は可能?その方法とは

はじめに

皆さんはパソコンが壊れた場合のデータ対策をされてますか?


大事なデータをNASに保存しておいたり、サイトのログインIDやパスワードをアナログでメモしておいたり、データが自動的にクラウドへバックアップされるようにしておいたり…

こういった対策をしていないと、パソコンが突然壊れてしまったときに大事なデータが無くなってしまうかもしれません。



とはいえ、「パソコンが壊れた」=「内部データが全部消えた」ではありません。場合によっては、壊れたパソコンからもデータを抜き出せる可能性があります。


そこで今回は、壊れたパソコンからデータを移行・データを抜き出す方法ついて、某オンラインゲームで9年間光の戦士冒険者をしているMMORPG好きな筆者が解説していきたいと思います。


目次[非表示]

  1. 1.はじめに
  2. 2.パソコンが壊れていてもデータを抜き出せるパターン
  3. 3.データを抜き出す方法
    1. 3.1.▼ストレージが無事な場合
      1. 3.1.1.① ストレージを物理的に取り外し、データドライブ化する
      2. 3.1.2.② 別のストレージにデータクローンする
    2. 3.2.▼ストレージが壊れている場合 
      1. 3.2.1.③専門業者へ依頼してデータを復旧してもらう
  4. 4.まとめ



パソコンが壊れていてもデータを抜き出せるパターン

まず、どんな状態のパソコンならデータを抜き出せるのかについてです。

簡単に言うと、データの保存されているストレージ(SSDやHDD)が無事なら抜き出すことができます。




例1)パソコンの電源がつかない

原因:電源ユニットの故障 の場合

この場合、壊れたのは電源ユニットだけでストレージは無事です。

ストレージを物理的に取り外せば、別のパソコンでデータにアクセスできるということになります。




例2)Windowsが正常に起動しない

原因:システムの破損 の場合

こちらのパターン例だと、壊れているのはWindowsシステムのみ。

他のデータには特に問題ないとすると、例1と同じく物理的に取り外すことでデータアクセスできるようになります。

注意点として、元々Windowsがインストールされていたドライブにインストールし直してはいけません。

その際に他のデータが削除されてしまいますので、大事なデータが消えてしまいます。ドライブはそのまま、外付け化するかデータドライブにする必要があります。




例3)Windowsが正常に起動しない

原因:SSDの故障 の場合

このパターンでは、データの抜き出しが可能な場合と不可の場合に分かれます。

例えば欲しいデータをSSDではなく、DドライブのHDDに保存していたのならHDDは無事ですから、例1同様ストレージ(HDD)を取り外せばデータの抜き出しが可能です。

壊れたSSDにデータを保存していた場合、データを抜き出せるかどうかはSSDの故障度合いによります。

「必要なデータの保存されている領域が無事ならまだ間に合うかもしれない」という状態ですね。

必要なデータが破損していたら、抜き出せる確率がガクンと下がってしまいます。




今回は分かりやすいように3つの症状・原因例を用いてお話しましたが、パソコンパーツは互いに連動して動いています。

例1でいうと電源ユニットだけでなくSSDも複合で壊れていることもあり、発生症状を見ただけでは何が壊れているのかを100%特定することはできません。


どのパーツが壊れているかは症状だけ見て自己判断せず、専門店で診断してもらうことをオススメします。

ご相談の際には「大事なデータがある」と申告しておきましょう!




データを抜き出す方法

それでは、データを抜き出す方法を紹介していきます。


▼ストレージが無事な場合

① ストレージを物理的に取り外し、データドライブ化する

パソコン内部にあるストレージを取り外し、別のPCでDドライブとして認識させる・あるいは外付けケースに接続する方法です。

前のデータをそのまま使えるようになり、安価での作業が可能です。


デメリットとしては、これまでの使用期間があるため新品より耐久に不安があることや、外付けの場合貴重なUSBポートを使用することになるため邪魔になる、などが挙げられます。


② 別のストレージにデータクローンする

元のストレージ(A)に保存されているデータを、別のストレージ(B)にまるごと複製。

まるごとなのでWindowsもそのまま複製します。


例えば(B)が買ったばかりのストレージなら耐久面の不安なく、複製済みの(B)は新品パソコンや修理したパソコンのCドライブとして活用できる方法です。

元のストレージ(A)はそのままバックアップストレージとして保管しておいたり、中身をすっからかんにしてDドライブにしたり、別のパソコンのCドライブにする(同じデータの入った2台目PCをつくる)など、お好きなように再利用できます。


デメリットというデメリットはありませんが、強いて言うなら①よりも価格が上がることと、元のストレージの状態が良くない(壊れてはいないが劣化している)状態だとクローンに失敗する可能性がある、くらいでしょうか。

※クローンに失敗したとしても(B)が作れないだけで、(A)からデータが消えたりするわけではありませんので安心してください。


①②はどちらも個人で作業可能ですが、難しい場合は業者へ依頼しましょう。

もちろんドスパラでも対応していますので、お気軽にご相談くださいね。


■□ドスパラ店舗全店マップ

■□引き取り修理申込


▼ストレージが壊れている場合 

③専門業者へ依頼してデータを復旧してもらう

ストレージが壊れている場合、①や②を行っても肝心のデータへアクセスできない…なんてことが発生します。

そのため物理的にはデータを抜き出すことは出来ないのですが、実は壊れたストレージからデータを救出する専門業者があり、ドスパラも対応しています。

救出したデータは別のストレージに移行しますので、②の(B)と同じように使えます。


デメリットは高額になりやすい点です。

業者や復旧するデータの量に応じて価格が変わりますが、①や②と比べると高額になる場合がほとんどで、最終手段とも言えます。

また、ストレージの故障レベルによっては復旧不可能な場合があります。


診断してみないと抜き出し可能かは分かりませんので、データを抜き出したい壊れたHDDやSSDがあれば一度依頼してみてはいかがでしょうか。

▼ドスパラのデータ復旧サービス



データ復旧しか方法がないような状況にならないよう、ストレージが正常なうちに大事なデータをバックアップしておくなどの対策をしておきましょう。


まとめ

・パソコンが壊れてもストレージが無事ならデータは抜き出せる
・ストレージが壊れているとデータ復旧は難しい


「パソコンが壊れてしまい、データだけでも取り出したい」
「大容量SSDに変えたいが、データは引き継ぎたい」
「新しいパソコンにデータを移動したい」

などなど、パソコンのデータに関するお困りごとはドスパラへご相談ください!


■□ドスパラ店舗全店マップ

■□引き取り修理申込

S澤
S澤
高校生の頃にはじめてのゲーミングパソコンとしてGALLERIAを購入、自力でのパーツ交換を経ておよそ10年愛用。その後PCを自作して使用中。 ドスパラの修理・アップグレードに関わる様々な業務に携わる。 βテストから光の戦士として活動を始め、今も現役でほぼ毎日プレイ。口癖は「クロポジください」と「床がうまい」

人気の記事

ピックアップ

ゲーミングノートPCが当たる! 「パソコンなんでも相談サービス」 紹介 キャンペーン
パソコン修理依頼でAmazonギフトカードが貰える クーポン配布
ドスパラの自作PC組立代行サービス

記事を探す

ドスパラの修理サービス

累計20万台以上の修理実績

最短当日対応

※ 軽度な修理・店舗にパーツがある場合に限ります。(通常は7営業日ほど)

様々なメーカーPCに対応

※ WindowsPCのみの対応

データ保全を重視で安心

※ データ移行、バックアップのメニューをご用意

パソコンで困ったときには
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

故障かな?と
思った時に。

自宅でサポートが
欲しい時に。

PCパーツを
選んで作るなら。

店舗案内

北海道・東北エリア

関東エリア

中部エリア

関西エリア

中国・四国エリア

九州・沖縄エリア

メーカー別修理・サポート実績