※本文に記載の金額は、サービスご提供当時の価格です。現在の価格とは異なる場合がございます。
catch-img

自作デスクトップパソコン修理、BIOS画面表示中に電源が落ちる

ドスパラ浦添城間店に、自作デスクトップパソコンの修理を持ち込みでいただきました。

BIOS画面表示中に電源が切れてしまうためパソコンの診断を行ってほしいとのこと。

店舗にて簡易診断を実施したところ以下の症状を発見しました。

・メモリスロットの優先順位が異なる

・電源ケーブル各種の取り付けが甘い

簡易診断時に修正できる箇所は修正しましたが、症状は改善されない為、詳細診断をご提案したところ、ご了承をいただきました。

詳細診断の結果、申告症状の原因はCPUクーラーの取り付け不良と判明しました。

BIOS上にてCPU温度が115℃まで上昇してしまう状態ですが、原因は水冷ヘッド取り付け時に使用するスペーサー(プラスチック製の黒い部品)をLGA115x用のものを誤って使用しており、ヘッドが全くCPUに接地していませんでした。

検証用のCPUクーラーでは症状が改善されることを確認したため、お客様のCPUクーラーを再度取り付けを行いました。

また、ケースファンの増設予定があるためファンハブが奥に隠れないようにしてほしいとご要望をいただきました。
作業完了後は、症状が改善されたことを確認しましたので、パソコンをご返却しました。

作業料金は下記となります。

診断および作業工賃
10,980円
部品代
追加なし
合計
10,980円
納期
7日


※画像は別のパソコン修理イメージです。本文とは関係ありません。


同様のパソコン不具合で、お困りの方はページ右上のオレンジ色のボタンからお気軽にご相談ください。メール・電話・ご来店の他に訪問やリモートでのトラブル解決を承ります。

  https://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-okinawa https://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-okinawa


パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

カテゴリ一覧

週間記事ランキング

店舗別修理事例