※本文に記載の金額は、サービスご提供当時の価格です。現在の価格とは異なる場合がございます。
catch-img

自作パソコン修理、Windowsが起動せずBIOS画面になってしまう

Web引取修理サービスからのご依頼です。Windows11にアップデートしようとBIOSの設定変更を行おうとしたところWindowsが起動できなくなってしまったとのことです。

BIOS画面WindowsBootManagerなし

ハードウェア検査を実施しましたがSSDには不具合は検出されず、弊社検証用SSDとWindowsを使用すると正常に起動できることから、お客様のWindowsのシステムデータ破損と判断しました。

SATA電源コネクタの破損

また、電源ユニットのコネクタに物理的な破損、CPUクーラーの冷却性能の著しい低下を確認しました。電源ケーブル・コネクタの破損は埃の堆積等で発火する危険性があります。クーラーの冷却性能は低下するとCPUが非常に高温となり、パーツの破損等を引き起こす可能性があります。こちらもご申告内容と関連性は低いですが不具合と判断しました。

修理作業は(1)Windowsの再インストール、(2)電源ユニットの交換、(3)CPUクーラーの交換を実施しました。作業完了後は動作チェックにて正常な起動と冷却性能を確認します。こちらも問題なくクリアしましたので、パソコンを返却し修理完了となりました。

修理費用は

  • 配送料 2,200円
  • 診断料 7,260円
  • 作業工賃 25,500円
  • パーツ代 28,199円
  • 合計 63,159円

となりました。

パソコン修理担当
パソコン修理担当
ドスパラのパソコン修理担当

ピックアップ

人気の記事

記事を探す

ドスパラの修理サービス

累計20万台以上の修理実績

最短当日対応

※ 軽度な修理・店舗にパーツがある場合に限ります。(通常は7営業日ほど)

様々なメーカーPCに対応

※ WindowsPCのみの対応

データ保全を重視で安心

※ データ移行、バックアップのメニューをご用意

パソコンで困ったときには
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

故障かな?と
思った時に。

自宅でサポートが
欲しい時に。

PCパーツを
選んで作るなら。

店舗案内

北海道・東北エリア

関東エリア

メーカー別修理・サポート実績